某有名私立大学ヤリサーの実態という漫画を読んでみると色々と考えさせられますね。例えば自分が育てた作物をどうやって壊そう、つまり収穫するかということです。私は農家を営んでいるのでいつも作物を収穫するタイミングを考えています。これは大きな問題です。でも収穫しないと意味がないので最後には必ず収穫という大切な儀式が待っています。それを恋に置き換えても同じことが言えるんですね。最後には体を奪わないと意味がないのです。それができなければ何故育てているんですか。という根本的な問題が降りかかってくるんですから。この問題を解決するにはやはり自分で積極的に壊しに行く必要があるんです。壊すには勇気がいるんですがやってしまえば大したことはありません。恐れず壊していくんです。
おそれずレイプするということがここでいう壊すということになるのです。しかし同意の上でレイプしないと捕まりますよ。
某有名私立大学ヤリサーの実態はストーリー上仕方なく美春がレイプされていますけどね。漫画なので仕方ないです。
これがリアルのストーリーだったら本当に大変ですから。
某有名私立大学ヤリサーの実態ではこのような難しい場面に直面したときにどう対応するかが問われると思います。

某有名私立大学ヤリサーの実態ストーリー